HOME
浜名湖総合環境財団は、浜名湖を航行する船舶の安全を確保するとともに、湖面の利用を促進し、浜名湖の良好な環境づくりを推進することを目指し、平成3年度に静岡県、地元市町及び関係団体により設立されました。
国の制度改革により、平成23年4月から公益財団法人に移行しました。

お知らせ

更新情報

通航注意情報(現在・今後の予定)

財団事業の紹介

通航届出事務

浜名湖を通航する、機関を用いて推進する総トン数20トン未満の船舶は通航届出が必要です。当財団では、県からの委託を受け、通航届出の受付と船艇データの登録、ステッカーの発行等を行っています。
→ 通航届出窓口一覧


航行安全対策事業

船舶案内標識等の航行安全施設の設置及び維持管理、夏秋の安全パトロール、その他安全啓発活動を行っています。
浜名湖安全パトロール

係船対策事業

当財団は、県や市町と協力して放置艇・係船対策に取り組み、浜名湖の水域利用の適正化に努めてきました。
現在、公共マリーナ等の係船施設の管理運営を行うとともに、新たな不法係留船や放置艇が発生しないよう、継続的にパトロールを実施しています。
→ 公共マリーナ等一覧

浜名湖のルールとマナー

浜名湖のルール

プレジャーボートに関する様々な法令や協定事項、浜名湖とその周辺における遊漁や潮干狩り等に関するルールを紹介します。
また、浜名湖で安全に航行するための注意事項、漁業者や近隣住民に迷惑をかけないために守るべきマナーを紹介します。

(C) Hamanako Sogo Kankyo Zaidan. All right reserved.